前置詞atの使い方/指さす感覚のat

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はるかです。

 

今日、覗く英語の世界は
前置詞の「at」です。

 

前置詞って聞くだけで頭が痛くなるかもしれませんが
絵でイメージできれば頭がいたくなることもないので
一緒に見ていきましょう!

 

指さす感覚のat

 

早速ですが今日は前置詞atを見ていきます。
atはジェスチャーで指をさせるもの
って覚えると楽です!

 

例えば時計とか、家とか…!
言葉での説明では分かり辛いので
絵で見ていきましょう!

 

指をさす感覚の中でも1点を指す感覚で
主に3つあります

 

場所の1点
時の1点
対称の1点 

 

場所という1点を指すat

 

We will have meeting at Tokyo tomorrow.
私たちは明日東京でミーティングがあるんだ。
→東京という「地点」でミーティングがある
東京は地図上で指させるのでat

 

 

同僚と話をしてる場面をイメージしてください。
例えばその同僚が東京の場所を知らないとして
(東京を知らない人はいないかも知れませんが笑) 

 

明日の会議の場所を説明するのに
地図を見せながら東京を指さして(at)

 

「東京で会議があるんだよ」
と説明している感覚です。

 

もう一つ例題を見てみます。

 

She is working at her desk.
彼女は机で仕事をしているよ。

 

 

→彼女はデスクという「地点」で働いている
デスクは指させるのでat 

 

職場で〇〇さんどこにいる?
と聞かれたときに席を指さしながら(at)
自席で仕事してるよと言う感覚です。

 

時間を指すat

 

I wake up at 7am.
私は7時に起きた。
→時計で7時という「時点」を指させるのでat

 

 

時間を指さす感覚というと分かりにくいですが
時間=時計とイメージすればわかりやすいです。

 

ではもう一つ例題を

 

We will take a trip at the end of December.
私たちは12月の最後の日に旅行する予定なんだ
→カレンダーで12月の最後の日を指させるのでat

 

 

例えば友達に旅行いつ行くの?って聞かれて
カレンダーを指さしながら(at)12月最後の日だよ
って言ってる場面をイメージしてください。
指がさせるのでatが使えます!

 

対象を指すat

 

次は対象のatです。

 

I look at the board.
私はボードを見る。
→ボードという「1点」を目がけて見るのでat

 

 

会社の会議でボードを見ている様子を
思い出してみてください。

 

ボードという対象の1点だけを見ている
なのでatを使います。

 

ではもう一つ例題を

 

I am good at cooking.
私は料理が得意です。
→料理という1点を指さして(at)得意と言えるのでat

 

 

look atや good atという熟語で覚えていませんか?
私も熟語で覚えていたのですが

 


熟語で覚えるとat だっけ?inだっけ?と混乱するので
絵でイメージすると理解しやすいし混乱しない
と気づいてから絵で覚えています。

 

突然ですが「桃太郎」のストーリーを覚えていますか?
多くの人が「YES」と答えると思います。

 

桃太郎なんて子供の時に読んで以来
何年、十何年と読んでないと思います。

 

それでもストーリーを覚えているのは
絵本で絵と一緒に読んだから!

 

脳は何かと一緒に覚えると忘れにくいです。
だから英語も絵本の様に絵と一緒に覚えて
脳が忘れないようにすればいいのです!

 

そして英語においても「読む
ということがとても大切です。
それも声に出して読む!

 

音読をすることで耳からも情報が入り
目でイラストを見て
耳で音声を聴いて

 

五感をフル活用して英語を身につける
これが英会話ができるようになる第一歩です。

 

私も音読をたくさんして
英会話を身につけつつあります。

たかが音読されど音読です!

 

コラム

 

atは強い感情とセットになる
強い感情は「怒り」や「驚き」のことです。

 

例えば

I am surprised at the news.
私はそのニュースに驚いた。

 

 

ニュースという1点に対して(at)驚いた
というのでatを使います 

 

ちなみに怒ったって言いたいときは
I got angry at my co-worker.
私は同僚に対してキレた

 

 

同僚っていう1点に対して(at)切れた
というのでatが使えます

 

今日は指さす感覚のatの世界を覗きました。
これって前置詞を使うんだっけと混乱した場合は
指でさす感覚を思い出してください!

 

今日は指さす感覚のatについて理解を深めました。
次回もお楽しみに!

 

では、また!

将来への不安を少しだけ軽くする電子書籍を読めます

   

私は「お金、時間、人間関係」の悩みから解放され
英語で自分らしい生き方を達成するために勉強してます。


会社と自宅を往復するだけの何となく過ぎていく毎日に
楽しさや生きがいを感じることが無くなり
そんな自分を変えたいと思って海外に来ました。


会社の上司に気に入られ、嫌われないために
周りに合わせたり、偽りの自分を演じたりして
毎日、なりたい自分に嘘をつきながら生きていました。


そんな私が、英会話に出会って
世界には自分らしく生きている人であふれていることを知り
自分もその理想の生き方をしている人たちの仲間入りをしたいと思いました。


英会話を学ぶ過程で
英語の先生からお金に悩まない人生設計
『労働収入、小労収入、不労収入』の話を聞き


英語を習得することが
お金にも時間にも人間関係にも悩まない
生き方を達成するスキルであることを確信しました


その英会話学習を通じた人生経験から
生まれた環境にかかわらず
英語を勉強して、正しい方法で後天的に努力すれば
誰でも自分らしい生き方を達成できると確信しています。


そうして、そういう人が少しでも増えれば
一人一人に笑顔と活気が溢れて
暗い顔をして辞めたいと思いながら会社に行く人が減り
日本、世界はもっと明るくなると本気で信じています。


そういった理念から
人生初となる処女作を無料で発刊しました。


ストーリー形式で作られていて
20分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。  


電子書籍「脱・ブラック企業!令和時代の新・働き方トリセツ」を読んでみる⸜(๑’ᵕ’๑)⸝


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら
SNS等でシェアして頂けるとすごく喜びます!
(すぐ下のボタンからシェアできます。↓↓↓)


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はるか

元社畜SEの現ワーホリ中毒 24歳/京都/好き→海外旅行/水泳/アニメ/ワイン/ネコ 大手IT企業SE→没個性に疲弊、人間関係・仕事に悩む→鬱→好きな場所で自由に生きたい→ワーホリ 英語スキルを身につけ、個性を殺さず自分らしく生きる仲間を増やしたい⸜(๑’ᵕ’๑)⸝