【英会話】今更聞けない動詞/Be動詞Do動詞

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はるかです。

 

今日覗く英語の世界は動詞です。
「今更動詞かよ」と思うかもしれませんが

 


読み書きができても会話になった途端
動詞の使い分けができなくなるので
是非絵で一緒に理解を深めましょう!

 

イコールを表すBe動詞

 

Be動詞には4つの特徴があって

動きがないものを表す
役者が演じられない
両サイドがイコールの関係
使う動詞が5つだけ

 

①動きがないものを表すとは
動作ではないということです。

 

動作がないとは②の役者が演じられないに
関係していますが
「元気」や「悲しい」などの
抽象的なもののことです。

 

③両サイドがイコールの関係とは
Be動詞を挟んで両サイドが同じもの
という意味です。

 

④Be動詞は使う動詞が
am is/was are/were
だけです。

 

Be動詞ではこの動詞以外は
登場しません。

 

では例文と一緒に見てみましょう!

 

状態のイコール

 

まずは状態のイコール関係

She is fine. 彼女は元気です
Be動詞isを挟んで両サイドの
Sheとfineはイコール関係です。
(彼女=元気)

 

 

元気という概念は
役者が演じることはできません。

 

It’s hot in the Philippines now.
今、フィリピンは暑いです。

 

ItはPhilippinesを指すので
Be動詞isを挟んで
Philippinesとhotはイコール関係です。
(フィリピン=暑い)

 

暑いという概念は
役者が演じることができません。

 

性質のイコール

 

次は性質のイコール関係です。
性質とは「優しい」や「かっこいい」
などのことです。

 

では例文を見ていきましょう!

 

He is kind.
彼は親切です

 

 

Be動詞isを挟んで
Heとkindはイコール関係です。
(彼=親切)

 

親切という性質を
役者が演じることはできません。

 

人=人、モノ=モノの関係

 

この関係も考え方は同じなので
簡単です。

 

では例文を見ていきましょう!

She is my little sister.
このsheとlittle sisterは同一人物
つまりイコール関係なのでisで結びます。

ではモノの場合はどうでしょうか?

 

This is a delicious cake.
このThisはケーキを指すので
ケーキと美味しいケーキは
イコールの関係になります。

 

 

この様にイコール関係のものは
Be動詞を使います。

 

動きを表すDo動詞

 

Do動詞には2つの特徴があります。

 

am is/was are/were以外の動詞
役者が演じることができる動詞

 

①Do動詞は
Be動詞am is/was are/were以外の動詞です。

 

 

②Be動詞は役者が演じられないですが
Do動詞は役者が演じることができます

 

例えば、dance踊るやeat食べるなどです。
では例文で見ていきましょう!

 

I play the piano.
ピアノを弾く演技はできるので
Do動詞です。

 

 

もしこれがbe動詞だったら
I is the piano.私はピアノです
となりおかしな文章になります。

 

もう一つ例を挙げてみると
I go to the office.
出勤するは演技できるのでDo動詞です。

 

 

この様にDo動詞は
役者が演じることができるモノと理解すると
分かりやすいです!

 

まとめ

 

今日はbe動詞do動詞の世界を覗きました。
混乱した際は両サイドがイコール関係
役者が演じられるのか演じられないのかを
考えてみてください!

 

YouTubeでも解説しているので
一緒に勉強しましょう!

 

では、また。

将来への不安を少しだけ軽くする電子書籍を読めます

   

私は「お金、時間、人間関係」の悩みから解放され
英語で自分らしい生き方を達成するために勉強してます。


会社と自宅を往復するだけの何となく過ぎていく毎日に
楽しさや生きがいを感じることが無くなり
そんな自分を変えたいと思って海外に来ました。


会社の上司に気に入られ、嫌われないために
周りに合わせたり、偽りの自分を演じたりして
毎日、なりたい自分に嘘をつきながら生きていました。


そんな私が、英会話に出会って
世界には自分らしく生きている人であふれていることを知り
自分もその理想の生き方をしている人たちの仲間入りをしたいと思いました。


英会話を学ぶ過程で
英語の先生からお金に悩まない人生設計
『労働収入、小労収入、不労収入』の話を聞き


英語を習得することが
お金にも時間にも人間関係にも悩まない
生き方を達成するスキルであることを確信しました


その英会話学習を通じた人生経験から
生まれた環境にかかわらず
英語を勉強して、正しい方法で後天的に努力すれば
誰でも自分らしい生き方を達成できると確信しています。


そうして、そういう人が少しでも増えれば
一人一人に笑顔と活気が溢れて
暗い顔をして辞めたいと思いながら会社に行く人が減り
日本、世界はもっと明るくなると本気で信じています。


そういった理念から
人生初となる処女作を無料で発刊しました。


ストーリー形式で作られていて
20分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。  


電子書籍「脱・ブラック企業!令和時代の新・働き方トリセツ」を読んでみる⸜(๑’ᵕ’๑)⸝


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら
SNS等でシェアして頂けるとすごく喜びます!
(すぐ下のボタンからシェアできます。↓↓↓)


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はるか

元社畜SEの現ワーホリ中毒 24歳/京都/好き→海外旅行/水泳/アニメ/ワイン/ネコ 大手IT企業SE→没個性に疲弊、人間関係・仕事に悩む→鬱→好きな場所で自由に生きたい→ワーホリ 英語スキルを身につけ、個性を殺さず自分らしく生きる仲間を増やしたい⸜(๑’ᵕ’๑)⸝