言い訳癖がついてない?自分の価値を下げる言い訳を止めよう

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、
はるかです。

 

今日も市場価値の高い英会話スキルを身につけ
自分らしい生き方達成を目指して
がんばっていきましょう!

 

あなたは電車が遅延して
会社に遅刻した時なんて言いますか?

 

A「電車が遅延したせいで遅刻しました。」

B「早く家を出たのですが、
遅刻してしまいました。すいません。」

 

AとBでどちらが印象がいいでしょうか?
Aは言い訳をして謝罪がないですよね。
この言い方は自分の評価を下げます。

 

電車の遅延で遅刻する人もいますが
きちんと会社についている人もいます。

 

ギリギリにつく時間に家を出た自分にも
非があるので、まずは謝罪です。

 

この様に普段の何気ない状況で
言い訳をすぐに言ってしまう人は
自分の価値を下げています。

 

今日は「言い訳を止める」について話します。

 

価値を下げる4Dワード

 

あなたは
・でも
・だって
・どうせ
・~できない

が口癖にはなっていませんか?

 

これは言い訳の際に使うワードで
価値を下げる4Dワードと言われています。

 

なぜ言い訳をすると価値が下がるのか。

 

それは常に人や環境のせいにして
問題改善ができない人間になるからです。

 

何か問題が起きても
〇〇さんが資料を作るのが遅いから
時間がないから
部長と意見が合わないから...

 

と責任転嫁していつも誰かのせいにし
問題から目を逸らしてしまうのです。

 

この4Dワードを発した瞬間
脳は逃げる方法しか考えなくなり
マイナスな方向に一気に転がっていきます。

 

言い訳を考える時間があるなら
解決策を考え試したほうが
自分にとってプラスになります。

 

今日から言い訳を止める

 

「時間がない」
「私にはできない」
今まで何回この単語を発しましたか?

 

私も数えきれないくらい発してきました。

 

でも「時間がない」といったところで
時間が作れるわけでもなければ

 

「私にはできない」と言って
できるようになるわけでもありません。

 

それどころか脳ができないモードに入るので
できることもできなくなってしまうのです。

 

あなたは時間を作るとき
まとめて作ろうとしていませんか?

 

まとめて1時間確保しようとして
「今日は時間がないからできない」
と思い込んでいませんか?

 

忙しい現代社会人が
まとめて時間を確保するのは困難です。
だから言い訳を言ってしまいます。

 

でも視点を変えて隙間時間に
目を向けてみてください。

 

一日どのくらい隙間時間がありますか?
調べによると社会人には
1日1時間隙間時間が存在します。

 

この時間を活用すれば「時間がない」
という言い訳は出てこないのです。

 

また人間の集中力は長くは続かず
15分がピークでそこから下降していきます。

 

1回あたりの隙間時間は15分程度なので
集中力が高い状態で時間を活用できます。

 

是非隙間時間をうまく活用して
「時間がない」と言い訳を言う自分と
おさらばしましょう!

 

何か新しいことを始めようとしたとき
「私にはできない、いつかやる」
と言ってはいませんか?

 

その「いつか」はいつ来ますか?

 

よく英会話を学んでいる人が
「喋れるようになったら外国人と話す」
と言っていますがこれでは

 

いつまで経っても話せません。
喋れないから練習を積んで
徐々に話せるようになるんです。

 

何事もそうですが
はじめからできる人はいません

 

できないからみんな練習するし
泥臭く努力するのです。

 

私も英語の勉強を始めたころは
話せるようになるとは思えなかったです。

 

でも毎日少しずつ勉強を積み重ね
やれることは何でも試しました。

 

その結果少しずつ話せるようになって
今では楽しいと思えるようになりました。

 

「私にはできない」と何ができないのか
足りない能力に気づけているので
後はそれを埋めるだけです。

 

意識を変える

 

今まで言い訳を言ってききた人が
明日から急に言い訳を言わなくなるのは
厳しいです。

 

少しずつ意識を変えていくことが大切です。

 

ポイントは2つ。

 

1.可能性を考える

「できない」と言い訳を言ってしまう原因は
過去の自分に執着しているからです。

 

過去の失敗経験が頭から離れず
「どうせ自分には無理」
と思ってしまいます。

 

でも過去は過去
色んな経験を積む中で成長もするし
知識だって増えています。

 

理想の未来の自分を想像して
一歩を踏み出すことが
言い訳を止める第一歩です。

 

また、一つの可能性が消えたから無理ではなく
別の可能性を違う視点から考えます。

 

こんなに便利な世の中で可能性が1つしかない
ということはあり得ません。

 

別視点から見たり、探したりすれば
いくらでも方法は転がっているのです。

 

2.できると信じる

言い訳をする多くの人は
自分で自分の可能性を潰しています。

 

人間の95%の可能性・能力は眠ったまま
と言われています。

 

先ほども話しましたが
初めからできる人なんていません

 

一歩を踏み出し、小さな成功体験を積むことで
自信がついてきてできるようになるのです。

 

人間は変化を恐れ、安定を求めます。
しかし、それでは成長せず停滞するだけです。

 

長い人生で少しの失敗くらい大丈夫です!
失敗から学びそこから成長するのです。

 

「できないからやってみる!」
「やったらできるかもしれない!」

と一歩を踏み出し
扉を自らの手で開けることが
言い訳を止めることに繋がります。

 

意識を変えるのは時間がかかりますが
徐々に変えていくことで
言い訳とおさらばできます。

 

私も油断すると言い訳を言ってしまうので
意識を変えて自分で可能性を潰さないように
できる理由だけを考えます!

 

では、また。

将来への不安を少しだけ軽くする電子書籍を読めます

   

私は「お金、時間、人間関係」の悩みから解放され
英語で自分らしい生き方を達成するために勉強してます。


会社と自宅を往復するだけの何となく過ぎていく毎日に
楽しさや生きがいを感じることが無くなり
そんな自分を変えたいと思って海外に来ました。


会社の上司に気に入られ、嫌われないために
周りに合わせたり、偽りの自分を演じたりして
毎日、なりたい自分に嘘をつきながら生きていました。


そんな私が、英会話に出会って
世界には自分らしく生きている人であふれていることを知り
自分もその理想の生き方をしている人たちの仲間入りをしたいと思いました。


英会話を学ぶ過程で
英語の先生からお金に悩まない人生設計
『労働収入、小労収入、不労収入』の話を聞き


英語を習得することが
お金にも時間にも人間関係にも悩まない
生き方を達成するスキルであることを確信しました


その英会話学習を通じた人生経験から
生まれた環境にかかわらず
英語を勉強して、正しい方法で後天的に努力すれば
誰でも自分らしい生き方を達成できると確信しています。


そうして、そういう人が少しでも増えれば
一人一人に笑顔と活気が溢れて
暗い顔をして辞めたいと思いながら会社に行く人が減り
日本、世界はもっと明るくなると本気で信じています。


そういった理念から
人生初となる処女作を無料で発刊しました。


ストーリー形式で作られていて
20分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。  


電子書籍「脱・ブラック企業!令和時代の新・働き方トリセツ」を読んでみる⸜(๑’ᵕ’๑)⸝


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら
SNS等でシェアして頂けるとすごく喜びます!
(すぐ下のボタンからシェアできます。↓↓↓)


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はるか

元社畜SEの現ワーホリ中毒 24歳/京都/好き→海外旅行/水泳/アニメ/ワイン/ネコ 大手IT企業SE→没個性に疲弊、人間関係・仕事に悩む→鬱→好きな場所で自由に生きたい→ワーホリ 英語スキルを身につけ、個性を殺さず自分らしく生きる仲間を増やしたい⸜(๑’ᵕ’๑)⸝